ついに米SECが承認!ビットコインETFとは?承認されるとどんな影響があるの?
見出し画像

ついに米SECが承認!ビットコインETFとは?承認されるとどんな影響があるの?

2021年10月19日米証券取引委員会(SEC)に初めて認可されたビットコイン先物ETFが、米ニューヨーク証券取引所に上場しました。期待感からビットコイン価格は上昇、暗号資産の価値を明確にする一大イベントだとわかります。

この記事ではビットコインETFとはなにか、ビットコインETFが承認されるとどのような期待が持てるのか、直近の動向などを紹介します。

1.ビットコインETFとは

ビットコインETFとは、ビットコインを投資対象として含む上場投資信託のことです。投資信託とは、運用の専門家が資産家から受け取った投資金を投資・運用するというものです。

ETFはExchange Traded Fundsの略語であり、投資信託の中でも証券取引所に上場したものを指します。ビットコインETFが承認されるには、国の許可が必要となります。2021年10月現在、ビットコインETFが承認されている国はまだ多くありません。

2.ビットコインETF承認による個人投資家のメリット

画像2

ビットコインETFが日本でも承認されると、個人投資家にも大きなメリットがあります。その一つが信用性の向上です。

世界的にも知名度が上がっているビットコイン(BTC)ですが、日本では、まだまだビットコイン(BTC)の価値に対して懐疑的な人も多い現状です。しかしビットコインETFが承認されるということは、証券取引所に上場されたということになり、その立場は証券市場にすでに参入している大手企業と同等になります。つまりビットコイン(BTC)自体の信用性が上がるのです。

第2のメリットは、ビットコインETFが承認されることで、お金を運用する専門家もビットコイン(BTC)市場に介入しやすくなります。専門家が介入することで流動性が向上し、個人の大手投資家による価格変動への影響が少なくなることも予測されます。

またプロの資産運用専門家が介入することで、個人投資家もプロの専門家に委託することが可能となります。個人でビットコイン(BTC)投資を行うよりも、資産が目減りするリスクが下がるビットコインETFは、安定した投資先として普及する可能性があります。

3.米証券取引委員会がビットコイン先物ETFを初承認

画像1

日本でビットコインETFを申請する動きは確認されていませんが、アメリカでビットコインETFが承認されるかどうかは、多くの投資家に注目されてきました。

そしてついに、米証券取引委員会(SEC)が初のビットコイン先物ETFを承認し、2021年10月19日に米プロシェアーズ社の「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF(BITO)」がニューヨーク証券取引市場Arcaにて取扱い開始されました。

22日にヴァルキリー・インベストメンツ社が「ヴァルキリー・ビットコイン・ストラテジーETF(BTF)」をナスダックへ上場、間もなくシカゴ・オプション取引所BZXにてヴァンエック社の「ヴァンエック・ビットコイン・ストラテジーETF(XBTF)」が取扱い開始と言われており、ビットコイン先物ETFは全部で3例となります。

図

これまで複数のビットコインETFが米証券取引委員会(SEC)へ申請されてきましたが、承認されることはありませんでした。しかしその否決は全会一致ではなく、認可したいと考えている役員もいると言われており、ついに可決されたのです。

今回承認されたのはビットコイン現物ではなくビットコイン先物に連動した、ビットコイン先物ETFです。今後も類似した商品が上場される可能性は大いにありますが、ビットコイン現物ETFの承認にも注目していきたい点です。

4.カナダのビットコインETFについて

画像3

ビットコインETFは、2021年2月18日に北米で初めてカナダのトロント証券取引所で上場されました。そこで用いられているビットコインETFの名前は「パーパス・ビットコインETF(BTCC)」です。

カナダが世界で初めてビットコインETFを承認した国だった理由の一つは、カナダのトロント証券取引所が新規のETFを扱える程の巨大な取引所だったことが一つの理由です。トロント証券取引所といえば、1990年に初めてETFを扱った取引所でもあります。当時TIPS35という株価指数に連動したETFが誕生したことで、投資の幅が大きく広がったとも言われています。

初のビットコインETFを承認がカナダだったもう一つの理由は米証券取引委員会(SEC)がビットコインETFの上場申請をすでに拒否していたことです。2021年に入り、注目が大きくなっているビットコイン(BTC)ではありますが、問題も残されています。

・法定通貨と比べるとまだまだ流動性が低い
・流動性が低いため、個人資産家の動きが価格変動に影響を与えやすい
・デジタルマネーのため、ハッキングや不正アクセスのリスクが残る

世界初のビットコインETFを発行した会社、パーパス・インベストメンツは、4月にパーパス・ビットコインETF(BTCC)は大きく値上がりしていると経過を発表しています。上場後2か月にも満たない時点で、資産は約10億ドル(日本円で約1,100億円)まで上昇しました。

世界初のビットコインETFはそれだけ、多くの投資家の注目を集めている商品です。今後アメリカでビットコインETFの承認が進めば、日本での検討も進むかもしれません。ぜひ注目しておきましょう。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキを受け取りました!ありがとうございます!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/