ビットコインのドミナンスとは?見方や確認方法を解説します!
見出し画像

ビットコインのドミナンスとは?見方や確認方法を解説します!

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)にはドミナンスという言葉が存在します。ドミナンスとはどういう意味なのでしょうか?この記事ではドミナンスの意味や、確認方法、有用性を紹介していきます。

1.ドミナンスとは?

画像1

ドミナンス(Dominance)という英単語は直訳すると、支配やシェア、占有率という意味です。

暗号資産におけるドミナンスは、まさに暗号資産市場の占有率と言うことができます。例えばビットコイン(BTC)のドミナンスは、暗号資産市場全体に対するビットコイン(BTC)の時価総額が占める割合を指します。

ビットコイン(BTC)のドミナンスが高ければ、暗号資産市場でも注目されていると判断できる一つの指標になります。暗号資産市場では、このドミナンスを利用して相場の動きを判断する「ドミナンス理論」というものが存在します。

2.ドミナンス理論について

ドミナンス理論とは、暗号資産界隈のSNSで有名なドミさんが提唱していた、ドミナンスの動きを利用して相場の動きを読む理論です。
現在ドミさんのアカウントは削除されていますが、ドミナンス理論は今も幅広く活用されている手法です。

まずドミナンス理論には大きく分けて3つのフェーズが存在します。
・下落期間
・暴騰期間
・暴落期間

ドミナンス理論とは、暗号資産相場とドミナンスの数値を照らし合わせ、現在どのフェーズか判断しながら暗号資産を売買する手法です。ではそれぞれのフェーズについて説明します。

下落期間

ビットコイン(BTC)のドミナンスが48~52%の時期を指します。この期間の特徴としては、ビットコイン(BTC)、アルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)を含む、全暗号資産が下落傾向の相場です。

暴騰期間

ビットコイン(BTC)のドミナンスが50%付近を超えてくると、それまでの下落期間から一転し、ビットコイン(BTC)の価格が急騰しやすい相場へと移行します。ビットコイン(BTC)のドミナンスが上昇すると、多くの投資家たちがビットコイン(BTC)を購入するため、価格がさらに上がっていきます。

暴騰後は、ビットコイン(BTC)の上昇が緩やかとなり、アルトコインへの資金流入が始まると言われています。なぜならある程度ビットコイン(BTC)が上昇し上値が重くなると、次は投資家たちのビットコイン(BTC)利益確定売りが始まります。その際ビットコイン(BTC)を売って、アルトコインを購入するという動きが現れるからです。

暴落期間

アルトコインへ資金が流入していくことで、ビットコイン(BTC)のドミナンスは下がります。ビットコイン(BTC)のドミナンスが下がり始めると、次いでアルトコイン価格も下降する動きへと転換されます。

ビットコイン(BTC)の利益がアルトコインへ流れることでアルトコイン価格が上昇していましたが、アルトコインの上値が重くなってくると、アルトコインの利益確定売りが始まるからです。

アルトコインを売って資金が一度法定通貨に戻り落ち着いてくると、暗号資産市場は再びビットコイン(BTC)を中心に動き出します。ドミナンスが低いビットコイン(BTC)に対して徐々に買い注文が増え始め、ビットコイン(BTC)のドミナンスが上昇する仕組みとなっています。

このようにビットコイン(BTC)のドミナンスを把握することで、暗号資産市場全体の相場観を判断し、売買のタイミングを見極めることができると説いているのがドミナンス理論です。もちろんドミナンスの数値に対して逆の動きをする場合もありますが、今日まで長く活用されている理由はそれだけ的中率も高いからと言うことができるのではないでしょうか。

3.ビットコインとアルトコインのドミナンスの確認方法

ではビットコイン(BTC)を含む暗号資産のドミナンスはどうやって確認するのでしょうか?ビットコイン(BTC)やアルトコインのドミナンスを確認する方法は大きく分けて2つ存在します。それぞれの確認方法を紹介していきます。

(1)CoinMarketCapのサイトで確認する

ビットコイン(BTC)など暗号資産のドミナンスCoinMarketCapから確認することができます。

画像2

上のチャートは、2021年の暗号資産全体のドミナンスを表示したものとなります。一番上で推移しているオレンジ色の線がビットコイン(BTC)のドミナンスです。

(2)TradingViewのチャートで確認する

ビットコイン(BTC)のドミナンスは、チャート分析ツールTradingViewからも確認できます。

TradingViewの検索画面から「BTC.D」と入力すると、ビットコイン(BTC)ドミナンスのチャートを表示することができます。

画像3

TradingViewでは暗号資産の価格チャートを確認しながら、ドミナンスもあわせて確認することができます。

ファンダメンタル分析やテクニカル分析にドミナンス理論を加えることで、より多角的に暗号資産の動きを予測することができますので、今後のトレードにぜひお役立てください。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!また読んでください!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/