販売所と取引所の違いとは
見出し画像

販売所と取引所の違いとは

暗号資産(仮想通貨)取引サービスは、大きくわけて「販売所」と「取引所」で提供されています。それぞれにメリット・デメリットが存在するため、ご自身に合った取引方法を選択する必要があります。
ここでは暗号資産の「販売所」と「取引所」の違い、メリット・デメリットについて解説していきます。

1.販売所の特徴とは?

画像1

販売所と取引所の大きな違いは、取引をする相手です。販売所の場合、暗号資産交換業者を相手にして暗号資産を購入したり、売却したりします。暗号資産を取引するというよりも、お店で暗号資産を買う・売るという感覚です。暗号資産(仮想通貨)取引初心者が取引を行う場合は、取引所よりも販売所の方がおすすめできる理由も多くあります。

2.販売所のメリット・デメリット

画像2

販売所のメリットとしては、取引相手が暗号資産交換業者のため、提示されているレートですぐに暗号資産を買うことができる、もしくは売ることができる点があります。

単純に買いたい、もしくは売りたい価格が提示されたら取引をするといったシンプルな方法です。そのため、特に取引初心者の方にはおすすめでしょう。

非常にシンプルに取引ができる販売所ですが、デメリットも存在します。
それはスプレッドが大きいということです。
スプレッドとは、取引を行う際に発生する購入価格と売却価格の差のことです。暗号資産交換業者が提供するレートは、売却価格よりも購入価格が高く、そのスプレッドの一部が収益となります。

このスプレッドを、販売所で暗号資産を売買するための手数料と捉えて取引をする投資家もいます。

3.取引所の特徴とは?

画像3

販売所では、取引をする相手が暗号資産交換業者であることに対して、取引所では投資家同士で取引を行います。暗号資産取引所は、取引をする投資家に向けて「板」と呼ばれる取引する場所を提供しています。

4.取引所のメリット・デメリット

画像4

取引所で取引を行う大きなメリットといえば、やはり販売所よりもスプレッドが小さいことです。暗号資産取引業者を相手に取引する販売所よりも低いコストで取引をすることが可能です。

販売所のスプレッドに関しても、決して高額ではないものの、取引を繰り返すとコストもそれなりに膨らみます。そのため、暗号資産の取引に慣れてきた方は、取引所を活用したほうがコストを抑えられておすすめできる場合が多いでしょう。

逆にデメリットとなってくる点は、注文の仕方が複雑なため、暗号資産取引をしたことがない方には難しいことがあるかもしれない点です。また、取引所での暗号資産取引は、取引する相手があくまでも自分と同じ投資家であるということもポイントです。

暗号資産を買いたい場合は、暗号資産を売っている人が居なければ買えません。逆もしかり、売りたいと思っても、買いたいと思う人が居ないと売れないのです。そのため、絶対に自分の買いたい量の暗号資産が買えるというわけではないことを頭に入れておきましょう。特にマイナーな通貨の場合は、取引する人が少ない傾向にあるので、取引が成立しない場合もあります。

5.販売所と取引所はどちらを使えば良いのか?

画像5

暗号資産取引における、販売所と取引所の違いについて説明してきました。では、販売所と取引所はどちらを使えば良いのでしょうか?まず、暗号資産に初めて触る、初めて取引をする方は、販売所での取引から開始すると良いでしょう。手数料こそ高いものの、シンプルな操作方法で暗号資産取引に慣れることができます。

暗号資産の取引に慣れてきたら、徐々に取引所での取引を行っていきましょう。取引所に慣れてくると非常に効率的に暗号資産取引ができますし、コストが低いことも魅力的です。

販売所と取引所のメリット・デメリットを踏まえ、ご自身に合った取引方法をご利用ください。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!アフロ編集長の励みになります!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/