ウクライナ情勢で相場急変動。投げ売りも見られたが、資産回避先としての買いも発生。
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

ウクライナ情勢で相場急変動。投げ売りも見られたが、資産回避先としての買いも発生。

【公式】ディーカレット ブログ

前週からの動向

ウクライナ情勢が緊迫していることが嫌気され、安値圏でのレンジ相場となっていた暗号資産(仮想通貨)市場は、24日のロシアによるウクライナ侵攻開始の報道を受け急落。

ビットコイン(BTC)は一時35,000ドル割れまで10%超の下落となり、1/24の年初来安値に差し迫る勢いであった。
下向きトレンドが継続していたこともあり、安値を割った場合、長い下落局面に突入する可能性が高いと思われたが、ショートカバーや割安感での買いの勢いも強く、翌日には下落前水準に戻る"いってこい"の展開となった。

その後、週末までは1BTC=40,000ドルを挟んだ動きが続き、ウクライナ情勢を見極めようとする投資家心理が垣間見える方向感の定まらない膠着状態となっていたが、本日になって価格の急回復を見せている。

急上昇の背景には、今回のロシアのウクライナ侵攻に対し、西側諸国の経済制裁の最終手段としてSWIFT(国際銀行間通信協会)からロシア一部銀行を排除することが合意されたことが挙げられる。
ロシアの銀行業務が正常に行われなくなるとの不安感や、ロシアルーブルの先安観によって、資産の逃避先として暗号資産への資金流入が急増しているとの見方がある。
また、ウクライナ側でも自国通貨をビットコインに変える動きが活発になっているようだ。

ビットコインは日本円ベースで一時500万円までの回復を見せ、直近安値圏を脱出したかのような動きにも見えるが、日足では依然下落トレンドのようにも見える。
100日移動平均の516万円あたりがいったんの高値になってしまうのではないだろうか。

緊迫した情勢は続いており、新たなネガティブ材料一つでいつ暴落を引き起こしてもおかしくない状況であることは確かだろう。

市況情報

他金融市場も上下激しい動きが続いている。

株式市場は急落、急騰を繰り返しているが、徐々に高値を切り下げる下落トレンドとなっており、拭えないリスクオフムードが漂っている。
資産の逃避先の代表格といえる金の価格は上昇しており、史上最高値も射程圏内といえるだろう。やはり「有事の金」の動きは健在のようだ。

市場の注目が集まるのは、ロシアルーブルの動向だ。
石油関連事業を主要な産業とする産油国ロシアは、本来原油高の局面ではルーブル価格も比例して上昇することが多かったが、現在に限っては経済制裁を背景に異例のロシアルーブルの投げ売りが発生しており、2月上旬には1ルーブル1.5円ほどだったレートが現在約1.1円と大幅な下落となっている。

ボラティリティが激しく、この相場をチャンスととらえる投資家もいるようだが、ご自身の資産を守るためにもポジション管理には十分にお気を付けいただきたい。

筆者:齊藤成芳
参照:Bitcoin日本語情報サイト

筆者プロフィール

ディーカレットのトレーディング部、チーフディーラーの齊藤成芳(せいほう)です!
証券会社で株や債券のリテール営業をしていましたが、相場に魅了されてトレーディング・ディーリングの世界に参戦しました。現在は資金移動やウォレット管理、マーケティング業務も兼任しております。暗号資産の普及を目指し、情報発信に励みます。暗号資産は誕生してからまだ日の浅いアセットクラスです。みんなで歴史を作りましょう!
好きな言葉は「ストロング・バイ」

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!アフロ編集長の励みになります!
【公式】ディーカレット ブログ
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/