ビットコインは3万ドル割れから4万ドルまでの急反発!! アマゾンでの暗号資産決済報道否定も高値を維持!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ビットコインは3万ドル割れから4万ドルまでの急反発!! アマゾンでの暗号資産決済報道否定も高値を維持!

画像1

画像2

画像3

前週からの動向

ビットコインは先週の安値圏から反発し、直近レンジの高値圏である4万ドルを回復している。アルトコインもこの反発に伴っているが、BTCのドミナンスが上昇していることから推測できるように、リスクが高い通貨からBTCへの流れが今後も続くか注目したいポイントであり、BTC中心からアルトコインへ伝播してくるか、レンジの上限だった6/16の高値を超えてくるかがトレンドとしての力強さを確認するポイントになりそうだ。

一方で短期的なトレンドを判定するには、50時間移動平均を意識しているトレーダーが多いのではないだろうか。
また、「ビットコイン日本語情報サイト」によると国内でのBTC出来高が今週は増加傾向にあるため、当社に限らず久しぶりに売買されたお客様が多いのではないだろうか。一部の上手いお客様はリスクコントロールをしつつレンジの下限では買って、レンジの高値圏に近付いた昨日には買っていたBTCを決済する流れをしており、レンジでの売買をしっかりしている印象だった。

強い地合になった背景

マイニングによる大量の電力消費・環境問題を背景に、ビットコイン決済を停止した米テスラ社CEOのイーロン・マスク氏が先週のカンファレンスで、「マイニングに使用される電力の50%以上が再生可能エネルギーになったら、ビットコイン決済を再開する可能性がある」と述べた。同氏は、米国労働人口の約過半数にあたるミレニアル世代やZ世代に絶大な人気・支持があることから、再び暗号資産に資金が流入してくる環境になってきた模様。

加えて、すでにマイニングに使われる電力の50%超がクリーンエネルギーであるとのレポートが以前発表されていることから、早期に市場にポジティブなニュースが来るのではないかとの期待も後押しとなった。

そのほか、注目したい点としては、米アマゾン社が年内にビットコイン決済開始を検討と一部で報道があったことで相場を後押ししたが、残念ながらアマゾン社が報道を否定したことで、短期的には失望売りなどで急落する場面があった。しかし、暗号資産(仮想通貨)決済については全否定していないことや、暗号資産決済をするべく人材を集めているとの報道もあったことで、今後の参入期待感が完全に剥落したわけではない。

一方、金融マーケット全体では、中国株の大幅下落時につられて下落した時間帯が発生したように、既存金融へのショックが発生しうる新型コロナウイルス再拡大やテーパリングの動向によるリスク回避ムードが残っていることと、米暗号資産交換所バイナンスへの風向きの強さが無くなっていないことなど、暗号資産特有のリスク事項がなくなったわけではない。
しかし、バイナンス側はKYCなど5つの規制強化を実施すると発表するなど、ショックを和らげるための行動もしていることを付け加えたい。これまでは一日の出庫制限が2BTC相当だったものが、0.06BTC相当まで下がることなど利便性低下は発生しそうだが、ライセンス取得や本人確認手続きの強化は今までマネーロンダリングの温床とまで揶揄されたことを考えると、同業界人として個人的には歓迎したいところ。

なお、「ビットコイン日本語情報サイト」によると、当社取引所のBTC出来高が国内業者内で下位グループを脱し、中グループに位置することが出来ました。日頃より当社をご利用いただいているお客様には、心よりの感謝を申し上げます。
引き続き改善を続けるべく、ご意見・ご要望は随時受け付けておりますので、お気軽にご用命ください。

筆者:前田慶次
参照:Bitcoin日本語情報サイト

画像4

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキを受け取りました!ありがとうございます!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/