【トレーダーインタビュー】vol.1 ハイパーニートポインさん(後編)
見出し画像

【トレーダーインタビュー】vol.1 ハイパーニートポインさん(後編)

暗号資産投資家でブロガーのポインさんをお迎えした第1回目のトレーダーインタビュー。ポインさんの暗号資産との出会いからこれまでの投資銘柄、今注目の銘柄までもお伺いした前編に続き、後編では、暗号資産業界、そしてディーカレットの課題と期待についてお話いただきました。トレーダー目線からの貴重なお話を、引き続きどうぞお楽しみください!

- ハイパーニート『ポイン』

ポインさんアイコン

暗号資産投資家・ブロガー
2017年より暗号資産取引を始め、ブログは開始数ヶ月で月30万PVに到達。2018年に出版した著書は即日重版のベストセラーに。各種メディアにも出演し人気を博している。
ブログ:ポインの仮想通貨(暗号資産)ハマってます!!
著書:億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書(扶桑社)

- ディーカレットブログ 編集長

編集長写真

株式会社ディーカレット 暗号資産事業グループ メディア担当
2018年、暗号資産業界への期待を胸にディーカレットに入社。以来、数々の修行によりアフロが膨らんできた。
日々、お客様や社内の声を集めてはエナジードリンクに混ぜ込んでインプットしている。
好きな寿司ネタは「サーモン」。傘の骨に絡まるアフロが最近の悩み。

- 暗号資産事業グループ グループヘッド 紺野

紺野さん写真

ソフトバンクグループで約8年間、M&Aや資金調達、格付対応、ベンチャーキャピタル業務に従事。スプリント買収やARM買収ファイナンス案件を担当。2016年10月、金融庁登録を持つ暗号資産取引所QuoineへCFOとしてジョイン。2017年3月には代表取締役となり、金融庁登録申請やQash ICO、IDG Capitalからの資金調達をリードし、ユニコーン企業へと成長させた。
2019年11月、グローバルでマイニング事業を行うBITFURY社の日本代表に就任。2020年6月、日本初となるビットコイン・マイニングファンドを立ち上げた。
2020年5月から、株式会社ディーカレットの暗号資産事業グループのグループヘッドにも就任。国内暗号資産交換業者としては初となるマイニング販売・運用サービスを立ち上げた。

今後の暗号資産業界への期待

編集長:暗号資産投資は長期的に見ていこうということでしたが、今後の暗号資産業界はどうなっていくとお考えですか?
ポイン:どうなっていくんですかね(笑)。AML(Anti-Money Laundering)がとても厳しくなっているなというのは感じています。ユーザーは規制の実態が見えないので、もう少しわかりやすくしてほしいという声もあると思います。一方、ディーカレットのように規制の中で何ができるかを考えて、マイニングマシンの販売運用など新しいサービスをリリースされているのは素晴らしいと思いますね。
紺野:そう言っていただけて嬉しいです。

ポイン:海外では、暗号資産取引所もできないことがないというくらい色々なサービスを展開していますし、すごいですよね。
国内では手が打ちづらい状況の中で、取引所の安全性・信頼度やカスタマーサービスを含めた初心者への間口の広さも大事だと思います。初心者の方は当然、暗号資産取引を国内取引所から始めるので、暗号資産への注目が高まり多くの初心者の方が興味を持っている今こそ、国内取引所には頑張ってもらいたいと思います。
一時期、国内取引所のサービス内容にはあまり差がなくて、2018年頃はブロガーとして特徴を書きづらく大変だったこともありました。今では取引所ごとに取扱銘柄も多様になり、ユニークなサービスも始まって、ようやく面白くなってきたなと思います。

ディーカレットの今とこれから

紺野:ディーカレットのサービスについては、率直にいかがでしょうか?
ポイン:取引所ができたことが大きいですね。ブログでは取引所の利用をおすすめしているので、ディーカレットさんもおすすめしやすくなりました。私も最初は販売所を利用していたので、もちろん販売所から始めても良いですが、取引に慣れるという意味でも取引所をおすすめしています。
ディーカレットでは、マイニングマシンの販売運用サービスや電子マネーチャージサービスも独自性があって素晴らしいと思います。ただ、僕は税金の計算が面倒で、なるべく円転(保有暗号資産を日本円に交換する)の機会を減らして楽にしようとしているので、電子マネーチャージサービスが積極的に利用しづらいという点はあります。でも、選択肢があることは素晴らしいし、暗号資産を使いたい人にとっては手間が省けるので良いですよね。
紺野:今は法律の面で難しいですが、電子マネーから入金するというサービスの方が使いやすいかもしれませんね。
ポイン:税金が面倒だから、取引はあんまりしたくないんですよね(笑)。2017年、2018年頃はNEM(XEM)のコミュニティが活発で直接暗号資産で支払える場所もあったので使ってましたが、当時に比べると暗号資産での支払いはしなくなりました。
紺野:今は手持ちの暗号資産の数を減らす人がいないですよね。
ポイン:そうですよね。僕も暗号資産で支払っても、数を減らしたくないから家に帰って同じ数を買い直してました(笑)。正直なところ暗号資産決済は使い勝手が良いわけではないので、支払手段として使うユーザーがどれだけいるかは難しいですね。
ディーカレットさんに期待することとして、初心者に優しい取引所を目指される積立ですとか、ガチホのユーザーに対してのレンディング(保有暗号資産を取引所に貸し出して利息を得ること)はわかりやすく魅力的ですよね。銀行の金利に対して何百倍にもなるので、興味を持ちやすいところですよね。

ディーカレットでは、インタビュー後の2021年6月19日よりビットコインの自動積立サービスを開始しました!
https://www.decurret.com/recurring-buy/

アフィリエイトでWin-Winな関係構築を

ポイン:メディアをやっている立場からすると、従来のアフィリエイトは入口だけで、継続的にトレードしてもらうインセンティブはなかったんです。それに対して、ディーカレットが発表した継続報酬型アフィリエイトは、紹介したユーザーがトレードすることでWin-Winな関係になれますし、紹介して終わりではないので、お互いにハッピーだと思います。紹介する側とされる側がより良くなれる仕組みだと思うので応援したいです。
紺野:長期のリレーションシップを組める仕組みがハッピーだと思っていて、重要なマーケティング施策なので、そう言っていただけると嬉しいです。
ポイン:現在のアフィリエイトの仕組みでは、入口だけ良いことを言って紹介するという手法や、アフィリエイト報酬が高い順にランク付けされることもよくあって、規制が厳しくなる流れもあるので、ユーザーのためになっていないと思います。

取引所トークンで広がる可能性

紺野:他に、ディーカレットにあったら良いなというサービスはありますか?
ポイン:イールドファーミングとかあったらいいですね。銀行では通貨の両替に対応するためにそれぞれの通貨をプールしていますが、取引所にプール用の暗号資産を預けると、その数量に応じてトークンがもらえる仕組みです。最近の例では年利20%のトークンがもらえるものもあります。
紺野:我々が取引所トークンを発行できれば、イールドファーミングの検討もできそうですね。
ポイン:昨年からの相場は、取引所トークンを握っておけば勝てましたよね。BNBは時価総額3位に上って、今は650米ドルくらいですが、ここ2~3ヶ月で20倍近く一気に上がった感じで、まだ感覚が追い付いてないですね。イールドファーミングでプールするためにロックされていて、供給量が減って値上がりしているんですけど、イーサリアムでも同じことが起きていて. . .
独自トークンが出てくると、取引所を使うインセンティブがあって取引所の盛り上がりと共に価格が上がっていきますし、取引所トークンを出すことで取引所が盛り上がると思います。発行するのは難しいことだとは思うんですが期待していますね!
紺野:やはり飛び道具があると違いますよね。
ポイン:取引所トークンがあると色んなことができますし、ゼロから生み出すものなので、収益にも繋がりやすいと思いますね。難しいと思いますが、リーガルさえ許せば、どの取引所もやりたがっていると思います。

紺野:そうですね、ポインさんのお話を伺って、改善点と今後力を入れていくべき点を改めて見つめ直すことができたので、期待に応えられるように頑張ります。本日はありがとうございました。
ポイン:ありがとうございました。

暗号資産業界の大きな変遷の中で投資家・ブロガーとして活動されてきたポインさんの深いご知見から、現状の課題や今後の可能性について貴重なお考え・ご意見を伺うことができました。ポインさんをはじめとする多くのお客様のご期待に応えるべく、引き続きサービスの検討やアップデートを行ってまいります!
※本記事の内容は、ポインさんの投資スタイルやお考えについてお伺いしたものです。投資にあたっては、ご自身で資金管理を行っていただく必要があります。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!また読んでください!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/