暗号資産のウォレットとは?種類や選び方を紹介
見出し画像

暗号資産のウォレットとは?種類や選び方を紹介

ビットコイン(BTC)やアルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)は、通常ウォレットに保管されています。

保有しているビットコイン(BTC)やアルトコインは、暗号資産取引所に預けたままではなく自分のウォレットで持っていた方が良いのでしょうか?また暗号資産のウォレットにはどのような種類があるのでしょうか?

1.暗号資産ウォレットとは?

画像1

暗号資産ウォレットとは、自分で秘密鍵(シークレットキー)を保管・管理するソフトウェアです。秘密鍵(シークレットキー)とは、ビットコインなどの暗号資産を送付する際に必要な情報のことです。銀行でお金を引き落とす際に必要な、暗証番号のようなものと覚えておきましょう。

2.暗号資産取引所で保管することと何が違うの?

ビットコインなどの暗号資産を、暗号資産取引所に預けたままの方も多いのではないでしょうか。その場合自分でウォレットを持つ意味はあるのでしょうか?

暗号資産取引所のウォレットは、そこで取扱いがあるコインしか保管することができません。なぜなら、その暗号資産取引所で取引をするための一時的な保管場所という位置づけだからです。

自分でウォレットを持ち、様々な暗号資産取引所からそのウォレットへ送付することで、散らばっている暗号資産を一元管理することができます。暗号資産取引所ウォレットの目的が、取引のための一時的な保管場所とするのであれば、自分で持つウォレットは、自分の持っている暗号資産をまとめて管理する財布だと思って良いでしょう。

また、ウォレットをいくつか持ち保有している暗号資産の保管場所を分けることは、事業者による暗号資産紛失や不正アクセス、ハッキングなどに遭った際のリスク分散にもなります。

3.暗号資産ウォレットの種類は?

画像2

ウォレットと一言で言っても様々な種類があります。その中で大きく分けるとホットウォレットコールドウォレットです。ホットウォレットとコールドウォレットそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

(1)ホットウォレットはインターネットに接続されているウォレット

ホットウォレットの一番の特徴は、インターネットと繋がっているということです。コールドウォレットと比べると必要な物が少なく、インターネット環境があればスムーズに暗号資産の送付を行うことができます。デメリットは、ネットワークに接続されているためその分ハッキングや不正アクセスの被害に遭う可能性があります。ホットウォレットも細かく分けると3つの種類に分けられます。

・ウェブウォレット

インターネット上のウェブサイトから操作するウォレットです。登録したIDとパスワードを入力することで簡単に暗号資産の送付が行えるので手軽に使えます。

ただし、使用しているウェブサービスがメンテナンスに入るとその間ウォレットにある暗号資産を扱えず、また事業者が倒産した際、保管していた暗号資産が無くなってしまう可能性があります。

・モバイルウォレット

モバイルウォレットは、スマートフォン上のアプリから操作をします。次で紹介するデスクトップウォレットと比べると、より身近な端末で暗号資産の送付を可能にします。

不正アクセスの対策としては、スマートフォンのWi-Fiを暗号資産送付以外の時にはオフラインにしておくことですが、電話やメールなどにも利用するスマートフォンの場合、簡単にはオフラインにできない点はモバイルウォレットのデメリットでしょう。

・デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコンのデスクトップ上にアプリをダウンロードし操作するタイプのウォレットです。モバイルウォレットと比較すると、常時オンラインにしておかなくても良いパソコンは、セキュリティの面でモバイルウォレットよりも勝ると捉えることもできます。

(2)コールドウォレットはインターネットに接続されていないウォレット

インターネットと接続しスムーズな送付を可能にしたホットウォレットに対して、コールドウォレットはセキュリティに特化したウォレットと言えます。インターネットと接続しない状態で秘密鍵(シークレットキー)を保管するため、インターネット上の不正アクセスやハッキングを防止することができます。

しかしコールドウォレットでは専用の電子機器や紙媒体が必要となるため、ホットウォレットと比べると送付に少し手間が掛かってしまう上、盗難や紛失のリスクがあります。コールドウォレットにも秘密鍵を保存する媒体の違いで種類が分けられます。

・ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、暗号資産のウォレット用として作られた専用の機器に秘密鍵を保存するものです。USBのような小型端末を、専用アプリがインストールされたパソコンなどに繋げて利用します。また、万が一端末の盗難や故障が起きた場合でも、リカバリーフレーズによって復元することもできます。

・ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、暗号資産のアドレスと秘密鍵(シークレットキー)を紙媒体で保存したものです。紙に書かれたQRコードや英数字を読み取って送付を行います。
紙で管理するため安価ですが、燃えてしまったり破いてしまったりした場合二度と復元ができないため、注意が必要です。

4.暗号資産ウォレットはどう選べば良い?

画像3

色々な種類のある暗号資産ウォレットですが、初心者はどのウォレットを選べば良いのでしょうか?それは暗号資産を持ちたいと思った理由に合わせて考えると良いでしょう。

例えば暗号資産を短期取引する、暗号資産証拠金取引をするということであれば、送付が簡単でスムーズなホットウォレットを選んだ方が作業は効率的です。

暗号資産を長期投資として保有しあまり移動させないという方であれば、操作の利便性は劣るものの、その分セキュリティに特化したコールドウォレットを選択するのも良いかもしれません。

それぞれのウォレットの特徴をきちんと理解し、ご自身の利用方法にあわせてウォレットを選択するようにしましょう。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!とっても嬉しいです!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/