FOMCまで様子見?BTCの今後の動向を占うべく要注目!!
見出し画像

FOMCまで様子見?BTCの今後の動向を占うべく要注目!!

【公式】ディーカレット ブログ

前週からの動向

ビットコインは、12月4日以来45,000ドル台まで下落する場面があり、下げ渋ったものの、下への意識がチャート上で高まってきた。テクニカル的に地合が回復するためにも、何かニュースが欲しいところ。

ビットコインには全く影響がなかったものの、米テスラ社CEOのイーロン・マスク氏が一部のグッズ購入などを「ドージコイン」で出来るようにするとツイートし、30%超の上昇を記録。相変わらず投資対象としては疑問だが、楽しいコインっぷりを発揮。国内では取扱が難しいコインではあるが、購入したいと意欲が出た方も多いのではないだろうか!?

ビットコインにはこのようなニュースが無いというわけではなく、既存金融からの参入が増えてきている事や、ミャンマーでテザー(USDT)を公式通貨にすると宣言されるなど、規制強化の流れが見えているステーブルコインに対して新しい風となるか、注目が集まっている。

今のビットコイン価格は、「ニュートラルに近い水準」と筆者は考えているが、行き過ぎたハイレバなポジションも消化された事から徐々にポジションが詰まれて来ているとの観測もあり、FOMC次第では下落トレンドがまだ解消されたとは思えないチャート形状となっている事に注意したい。

他方のアルトコイン市場はおおむねビットコインに連動し軟調な展開であったが、イーサリアムのネットワークアップデートも無事通過しており、今後の需給に期待したい。

市場動向

一方、他金融市場では米株が昨晩反落。発表された米生産者物価指数(PPI)が予想を上回る強さ(前年比で過去最高の伸び)であったことから、ビットコイン相場に大きな逆風とされている米国の早期利上げが再び意識されだしている。FOMC声明文ではFRB(米連邦準備理事会)がタカ派に傾くと思われ、インフレ抑制へ本腰を入れ始めると考える投資家がどこまで増えるか、米長期金利・米株・金価格などのチャートにも注目していきたい。

日本の経済番組や各紙面では残念ながらビットコインを経済の一環に入れないで考えている節があるが、既に既存金融経済の一環になっているため、クリプト民も各指標や米経済の動向には目を向けた方が、今後も生き残っていけるだろう。
それほどまでに、過剰流動性の終焉には意識をすべきだろう。

ただ、一時はインフレヘッジの対象として「デジタルゴールド」と言われたビットコインだが、最高値を更新した事を忘れるにはまだ早いのではないだろうか。安全資産の一部と考えてもらえるような出来事が増えれば、その需要も取り込め、再び力強い価格上昇を見ることが出来るため「全額を出金するにはまだ早い!」と筆者は考えている。

10月28日に配信したyoutube番組でも話したように、年末550万円の予測は大きく外れず、過熱感が抜けるこの水準で穏やかな年始を迎える事が出来るかどうかを占うべく、FOMCには特に注目したい。

筆者:前田慶次
参照:Bitcoin日本語情報サイト

筆者プロフィール

株式会社ディーカレット 暗号資産事業グループ
トレーディングチームヘッド、マーケティングディレクター
SBIの為替ディーラー出身でプライシング分析から顧客取引などのビックデータ分析屋さんも兼ねていたので、取引はAIで取引シグナルを出しているものの裁量が好きなトレーダー。暗号資産交換業に転職してからは、AMLに加えブロックチェーン特有の分析まで顧客売買と市場動向両方に精通し、デジタルマーケティング分野も担当。日進月歩な業界なので日々全集中!! 好きな取引格言はミスターFXこと坂本軍治先生に言われた「Don’t Believe Your Position!!! 自分のポジションに恋するとロスカットが遅くなるから自分の相場観は信じるな!」です。

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!とっても嬉しいです!
【公式】ディーカレット ブログ
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/