ビットコイン一時3万ドル割れ!!FOMCでは利上げ再開が示唆、テーパリングも検討開始か。米インフレが一時的なものか否かが今後の焦点。
見出し画像

ビットコイン一時3万ドル割れ!!FOMCでは利上げ再開が示唆、テーパリングも検討開始か。米インフレが一時的なものか否かが今後の焦点。

画像1

画像2

画像3

前週からの動向

ビットコイン価格は先週から右肩下がりとなっており、22日夜には一時3万ドルを割り込み、今年1月以来の安値を付けた。売り一巡後の本日朝方からは勢いのある買い戻しを見せているものの、下落トレンドが転換したとはまだ言い難い状況だ。史上最高値から下落し、ここ直近は400万円を挟んでのレンジでの推移が続いたが、今週の下落・昨日の続落でレンジを一段切り下げる形となった。

テクニカル的には、レンジの上限となっていた先週中ごろから200日移動平均線に抑えられて反落。また昨日の下落で50日移動平均線と200日移動平均線のデッドクロスとなったことが市場で弱気のサインとみられる可能性もある。

前週までのレンジ相場では、下落場面でも5月19日の下ヒゲを下回ることがなかったので、相場が底打ちしたという見方も増えていたようだが、直近安値の更新に加え、3万ドルの心理的節目を割り込んだことは今後のネガティブ要素となりそうだ。

変動要因

15~16日に行われた米FOMC(連邦公開市場委員会)にて、これまで2024年以降と見込まれていた米国の利上げ再開が、2023年中になるとの見通しが発表された。また市場への資金供給を目的とした米国債などの買い入れでの量的緩和を縮小する、テーパリングについても検証していくとの考えが示された。
コロナショックによって落ち込んだ、経済活動と雇用の回復が顕在化してきたことが今回の発表の要因となっているが、量的金融緩和の恩恵を受けたアセットクラスからは資金の流出が起きるとの思惑がビットコインをはじめ暗号資産市場の下落を招いた。

しかし、FRBパウエル議長は「景気回復に伴うインフレ加速は一時的」との考えを示した一方、「インフレ加速は予想を上回って持続する可能性もある」とも述べた。
仮に利上げ局面でも米国の物価上昇が持続した場合、発行上限が限られインフレヘッジ資産という認識も広がるビットコインの価格は、インフレ率に伴い上昇していく可能性も望める。

中国による暗号資産事業への締め付けも価格を押し下げる要因となっているようだ。18日には四川省でマイニングを禁止するとの通達がなされるなど、売買などの取引のみならず、マイニングへの規制強化も顕著になってきた。国外に拠点を移す大手マイニングプールも出てきており、業界への影響は小さくないだろう。

目先の見通しは思惑が交錯しているが、割安感からによる買い需要はいまだ根強い。代表的な例では、ビットコインを保有する企業として著名な米マイクロストラテジー社が、ビットコインの買い増しを行ったことを21日発表。これにより同社の保有額が10万BTCを超えたと報道された。
この報道に他の企業が追随し、再び大相場に突入するという期待も持てるが、明確な底打ちや上昇トレンドが見えるまで時間がかかる可能性がある。

筆者:齊藤成芳
参照:Bitcoin日本語情報サイト

画像4

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!大切に育みます…!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/