ビットコイン急落!テスラCEOのツイートに端を発し、軟調な展開が続く。反発ラインの見極めが市場の焦点。
見出し画像

ビットコイン急落!テスラCEOのツイートに端を発し、軟調な展開が続く。反発ラインの見極めが市場の焦点。

画像1

画像2

画像3

先週からの動き

600万円台前半で推移していたビットコイン価格は、日本時間13日の朝方から急落し、現在450万円を割り込むまでの下落トレンドとなっている。暗号資産(仮想通貨)相場全体は多くの通貨がビットコインにつられ下落する流れとなったが、BTCに対しては下落幅が少ない通貨も多く、ビットコインのドミナンス※は一時40%を下回る展開となった。
※ビットコインドミナンス:ビットコインの時価総額が、暗号資産全体の時価総額全体における割合。

特にリップルはビットコインに連れ安となった場面もあったものの、下落一服後はしっかりとした反発を見せ、急落前近くの水準まで価格を戻していることから、根強い人気が伺える。暗号資産(仮想通貨)相場の中心であるビットコインから資金が流出し、ポテンシャルを持つ各アルトコインが物色される相場となっている。

この下落についてはいくつか要因がある中で、主要なポイントとしてはイーロンマスクの発言によるものが大きい。ビットコインのマイニングに利用される大量の電気が化石燃料を大量に使用していることから地球環境に対する懸念を述べ、3月下旬にテスラ社の決済に使用すると公言したビットコインでの支払いを急遽停止すると発表したことが暗号資産市場総崩れを引き起こした。
筆者個人的な意見としてはこの一連の流れは相場操縦と強く批判したい思いであるが、同様に各所から同様の批判が出ている模様。
急速に従来金融の大型プレイヤーの参入やETF申請が続くなど暗号資産市場規模が拡大していく中で、こう言った発言で右往左往してしまうことで、米当局としても何らかのアクションが出てくることが懸念されるうえ、世界最大級の暗号資産交換所であるバイナンスに対し、米司法省と内国歳入庁が調査に入っているとの報道も、反発を抑える要因となっていると考えられる。米マイクロストラテジー社によるビットコインの追加購入の報道というポジティブニュースもあったが、トレンドを転換するほどの影響は見られなかった。

テクニカル的にも、100日移動平均線を明確に下回ったことが投資家の売りを誘っていると思われる。またドルベースでも40,000ドルは下抜け、反発の心理的節目とならなかった。現在価格は200日移動平均線の420万円付近となっており、この価格帯で反発が見られない場合、調整局面は長期化する可能性があるだろう。
2月以来の水準まで下落しているBTCだが、米経済指標などでネガティブな数字が発表された場合にリスクオフで売られるだけでなく、ポジティブな数字が出た場合でもインフレ懸念が浮上し、米テーパリング時期の早期化予想で暗号資産市場から資金流出が起きる可能性がある。

またテクニカル的に見た地合いの弱さについては引き続き注目するポイントとなるが、暗号資産に参入しているのはごく一部のプレイヤーであり、既存金融の主要投資家はまだまだ参入していないという点は忘れてはならない。
初めてポジションを持つ新規参入の投資家もいるので、上昇できるエネルギーがなくなったわけではない。短期的に見ると、RSIなど売られすぎの水準となっており、逆張りする場合は自身のポジション管理に気を付け、本命はセオリー通りに明確な反発時期を見極めてからでも遅くはないだろう。

筆者:齊藤成芳
参照:Bitcoin日本語情報サイト 

画像4

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!また読んでください!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/