ビットコインの半減期とは?半減期が来るとどうなるの?
見出し画像

ビットコインの半減期とは?半減期が来るとどうなるの?

ビットコインの半減期という言葉を聞いたことがありますか?ビットコインの半減期はビットコイン(BTC)の価値を保つためにも非常に大事なものです。またビットコインチャートの値動きに対しても、半減期が影響すると言われています。今回はビットコインの半減期について詳しく紹介していきます。

1.ビットコインの半減期とは?

ビットコイン(BTC)の仕組みの特徴は、中央管理者がいないことです。中央管理者がビットコイン(BTC)の取引を記録するのではなく、様々なユーザーが記録する仕組みとなっています。この取引記録をまとめたものをブロックと呼びます。ビットコイン(BTC)は、取引記録をまとめたブロックに、新しいブロックをチェーンの用に繋げていくことで成り立っているのです。

新しいブロックを繋げる作業はユーザー全員が行うわけではなく、有志で行われ報酬としてビットコイン(BTC)が支払われる仕組みです。有志のユーザーがブロックチェーンに新しいブロックを繋げ報酬をもらうことを、マイニングと呼びます。

ビットコインの半減期とは、このマイニングの報酬が半分になることを言います。

2.ビットコイン半減期が必要な理由とは?

ではなぜわざわざビットコイン(BTC)のマイニング報酬を半分にする、半減期というイベントが存在するのでしょうか?ビットコイン(BTC)は中央管理者が存在しないことから、発行量を調整することができません。

通常の円やドルなどの法定通貨であれば中央管理者である中央銀行によって、国がインフレになれば発行量を減らし、デフレになれば発行量を増やすといった調整ができます。ビットコイン(BTC)の場合、このコントロールができないのです。

そこでビットコイン(BTC)の価値を一定にするための仕組みが、発行上限を設定するということです。ビットコイン(BTC)の発行上限は2,100万BTCと決まっています。

しかしビットコイン(BTC)を放っておくとマイニングにより発行が進み、発行上限にすぐに到達してしまってインフレが起きてしまう危険性があります。そこで採用されたイベントが、ビットコインの半減期です。半減期を迎えた後、マイニングで利益を出せないマイナー(マイニングを行うユーザー)が撤退します。そうすることでビットコイン(BTC)が発行されるスピードが緩やかとなり、新規発行され過ぎないようにしているのです。

ビットコインの半減期が来るタイミングは21万回ブロック生成されたときで、約4年に1回訪れます。過去、2012年、2016年、2020年に半減期がありました。

ではビットコイン(BTC)は半減期を迎えることで価格にも大きな影響を与えたのでしょうか?実際にチャートを確認しながら説明していきます。

3.ビットコイン半減期1回目近辺のBTC/USDチャート

2012年1回目

2008年に発行されたビットコイン(BTC)の初めての半減期は、2012年11月28日でした。当時のマイニング報酬は50BTCでしたが、半減期を迎え25BTCとなっています。当時1BTC=約10ドルと、現在と比べるとかなり安価で取引されていましたが、翌2013年には最高値約1,160ドルまで伸ばし、100倍以上の価格が上昇しました。

2012年から2013年のビットコイン(BTC)といえば、2013年3月にキプロスショックが発生し、年末には中国でビットコイン(BTC)バブルが起こった時期でした。

4.ビットコイン半減期2回目近辺のBTC/USDチャート

2016年2回目

次に2度目のビットコインの半減期前後のチャートを見ていきます。2回目は2016年7月9日に迎えており、報酬も25BTCから12.5BTCに減っています。半減期前の価格は1BTC=約600ドルでしたが、翌年の2017年には最高値19,500ドルまで伸びています。

2016年から2017年のイベントを振り返ると、2017年4月に日本で改正資金決済法が施行され、暗号資産を決済手段として利用できるようになりました。価格の急騰により、ビットコイン(BTC)自体が多くの人の目に触れたタイミングでもあります。

5.ビットコイン半減期3回目近辺のBTC/USDチャート

2020年3回目

そして3回目の半減期を2020年5月12日に迎え、報酬は6.25BTCとなりました。当時の価格は1BTC=約9,000ドルです。そして2021年11月現在までに最高値を67,000ドルまで伸ばしたことになります。

これまでに起きた3回の半減期のチャートを見ていくと、どの半減期も翌年に大幅な価格上昇が発生していたことがわかります。上昇した理由はその時期によって様々です。そして急上昇後は一時反落する値動きが見られますが、反落後も半減期前の価格までは戻ることはなく、下値を切り上げる傾向です。

6.ビットコイン(BTC)は2024年半減期までにどう動く?

ビットコイン(BTC)の半減期はおおよそ4年に1度訪れる見通しとなっているため、次なるビットコインの半減期は2024年あたりということになります。これまでの半減期の傾向を考えるとビットコイン(BTC)は今後も更に上昇するのでしょうか?

ビットコイン(BTC)の価格分析モデル「ストック・フロー(S2F)」モデル考案者の暗号資産アナリストPlanB氏は過去に、半減期が起こる2024年までにビットコイン(BTC)の価格は288,000ドルまで到達すると予想していました。

実際2024年までにビットコイン(BTC)の価格がどうなるのかはわかりませんが、半減期の傾向を考えると今後さらにビットコイン(BTC)への注目は集まりそうです。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!とっても嬉しいです!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/