【公式】ディーカレット ブログ
ビットコインは20,000ドル台を辛うじて維持するも、上値は限定的。インバース型ETFは規模急拡大、市場の不安感が伺える。
見出し画像

ビットコインは20,000ドル台を辛うじて維持するも、上値は限定的。インバース型ETFは規模急拡大、市場の不安感が伺える。

【公式】ディーカレット ブログ

ビットコイン価格

BTC/JPY 日足チャート

アルトコイン価格

前週からの動向

ビットコイン(BTC)は上値が限定的なレンジでの推移が続く。18,19日の急落により18,000ドル割れまで安値を拡大した場面からは反発し、20,000ドルを取り返したものの、依然上値が限定的な弱気なチャートと見て取れる。

冴えない相場が続く中、米ゴールドマンサックス社はコインベース社株を「売り推奨」へと投資判断の引き下げを行った。先日に従業員の約5分の1にもあたる人員削減をするとの発表で、市場の先行きに一抹の不安を与えた同社の動向は、暗号市産業界の注目の集まるところだ。
投資判断引き下げにより、コインベース株価は急落したものの、今のところビットコイン価格に目立った影響は出ていないが、少なからず市場心理を悪化させ、上値を押さえつける要因の一つになっていると考えられる。

21日には、米国初のビットコイン価格のインバース型(逆数)上場投資信託『プロシェアーズ・ショート・ビットコイン・ストラテジーETF』が上場した。ビットコイン価格の変動の逆に価格が動くETFであり、ビットコインが1%下落した際には、このファンドはおおむね1%上昇する仕組みとなっている。

上場からわずか数日で、米国のビットコイン関連のETFの中で2番目の規模まで膨れ上がっていることから、多くの一般投資家が先安を予想していることががうかがえる。

一方、直近で下落の大きかったETH、XRPが、BTCに比べ反発はやや大きかったことで、BTCドミナンスが40%付近まで下落している。
ETHに関しては、取引高がピーク時に比べ60%ほど減少しているとのデータもあるが、その影響で高騰していたガス代が落ち着きを取り戻し始めたようだ。
低迷が続く暗号資産相場の中でも、一部の資金は銘柄物色に動き始めたか。

他金融市場

ドル円は一時136円70銭台まで円安が拡大し、1998年10月以来の水準になった。
世界的な金融引き締めの中でも金融緩和姿勢を計測する日銀の影響で、円売りドル買いのキャリー取引が収まらない状態だ。
今月16,17日に開催された日銀政策決定会合の前後では、何かしらの施策があるとの思惑で、一時円が買い戻されはしたが、大規模な金融緩和を継続する姿勢を示したことで、円売りがさらに加速されることとなった。

暗号資産も為替もボラティリティが大きくなっており、一つのイベントや報道で急落・急騰が容易に起きる相場となっているので、普段以上の慎重なポジション管理を心がけたい。

Author: Flow Trading and Liquidity Strategy Desk
筆者:齊藤成芳
参照:Bitcoin日本語情報サイト

筆者プロフィール

ディーカレットのトレーディング部、チーフディーラーの齊藤成芳(せいほう)です!
証券会社で株や債券のリテール営業をしていましたが、相場に魅了されてトレーディング・ディーリングの世界に参戦しました。現在は資金移動やウォレット管理、マーケティング業務も兼任しております。暗号資産の普及を目指し、情報発信に励みます。暗号資産は誕生してからまだ日の浅いアセットクラスです。みんなで歴史を作りましょう!
好きな言葉は「ストロング・バイ」

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。

株式会社ディーカレット
東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー7階
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

【公式】ディーカレット ブログ
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/