見出し画像

5月22日は「ビットコイン・ピザ・デー」ということで、社内でピザを食べました!

ビットコイン・ピザ・デーを5月22日に控え、アフロ編集長の招集により、社内でピザを注文して食べてみました!

- ディーカレットブログ アフロ編集長

画像4

株式会社ディーカレット 暗号資産事業グループ メディア担当
2018年、暗号資産業界への期待を胸にディーカレットに入社。以来、数々の修行によりアフロが膨らんできた。日々、お客様や社内の声を集めてはエナジードリンクに混ぜ込んでインプットしている。好きな寿司ネタは「サーモン」。湿気の多いこの季節、髪型変更に悩む今日この頃。

そもそもビットコイン・ピザ・デー(Bitcoin Pizza Day)って何の日?

11年前の2010年5月22日に、アメリカのフロリダ州に住むプログラマー、ラズロ・ハニエツ氏により初めてビットコインによる決済が行われました。
ビットコインで購入したのはピザ2枚。その2枚に支払われたビットコインは、なんと「1万ビットコイン」。現在の価格で算出すると、約600億円に相当するのです
【参考】 https://coinpost.jp/?p=240889

その為、ビットコイン愛好家の周りでは、毎年5月22日を「ビットコイン・ピザ・デー」として、この日にピザを食べながらお祝いするというのが慣例となっているのです。

ディーカレットでも社内でピザを注文してみた

当社でもそれにあやかり、ランチでピザを注文する事に!
ただし、、、「普通に注文するだけではイケてない . . . ?!せっかくならビットコインで買ってみよう!!」ということで話しが盛り上がる。
とはいえ、、、実際にはどこのピザ屋さんでもビットコインでの決済は使用できない!!

困りましたが、、、、、、そうなんです!
「当社では暗号資産を電子マネーへチャージ出来るではないですか!!」

ということで、ビットコインを電子マネーにチャージして、そこからピザを注文してみる事に!
(そういえば、前回はビットコインでおにぎりを買いましたね!)

いざチャージをして、ピザを注文。
無事にピザが届き、ランチタイムに社内のみんなに呼びかけます!

画像1

画像2

画像5

なんと、その中には自作して持ってきているツワモノ社員が!(某料理好きな筋トレマッチョトレーダ S氏)
クリプトへの愛が感じられますね~

画像3

フルリモート中のディーカレットですが、出社しているメンバーで美味しく頂きました。

最後に

いかがでしたでしょうか?
ビットコインが初めて決済に使われて11年が経ちました。
暗号資産での決済は、世の中的にはまだまだ普及されてない面がありますが、そう遠くない未来には一般的に使われるかもしれないですね。

ディーカレットでは暗号資産の一部や、取引をするには至らない端数から、電子マネーにチャージして使用する事が出来ます。
是非、この機会にディーカレットの口座をお持ちでない方は、ご登録してみてください。

▼口座開設はこちら
https://cx.decurret.com/decurret-frontap/

また、ただいま期間限定で現物取引(販売所)のETH(イーサリアム)がお得に売買できるキャンペーンを実施中です。

▼現物取引(販売所)ETH/JPYスプレッド原則6,990円 固定キャンペーン!

こちらも是非チェックしてみてください!


記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!アフロ編集長の励みになります!
35
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/