ビットコインの雪解け?!ウクライナ情勢による影響は?
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

ビットコインの雪解け?!ウクライナ情勢による影響は?

【公式】ディーカレット ブログ

毎週水曜日にお届けしていましたマーケットレポートですが、今週からは火曜日に配信いたします。

前週からの動向

BTC(ビットコイン)は高値から反落し、480万円台を挟んで推移となり、 先週号で警戒を促した通りの下落となっている。
先週発表された米消費者物価指数が市場予想を上回り約40年ぶりの数値となったことや、雇用統計での強い結果を踏まえて、次回のFOMCでは50bp利上げを急速に織り込み始めたこと、ウクライナ情勢が改善の余地が見い出せず、欧米各国では民間人の国外退去令が出されたり、16日にロシア軍が侵攻を開始するだろうとゼレンスキー大統領が発言するなど、予断を許さない状況が続いている。

テクニカル的には、直近の最高値とその後の下落のフィボナッチの戻し38.2がある530万円手前が非常に強いレジスタンスラインとして意識されているため、近付いてきたところでは売り圧力が高まることが予想される。
ここを上抜けると一気に最高値を意識する局面になってくるため注目したい。
RSIやボリンジャーバンドなどを見てもやや上昇局面にいるものの、一旦落ち着いた位置であり材料待ちの状況。

アンバーグループの投資家向けレポートの解説より、マイナー勢の取引フローから、この下落でも売り越していない状況で、さらなる上昇を見込んでいるようだ。一方下値を警戒したオプションの増加はしっかりしているため、最悪の状況を想定したトレーダーもいると見られる。
マイナー勢と言えば、ビットコインネットワークのハッシュレートが過去最高を更新したようだ!思えば2年間は中国勢のマイナーが全体の約6割となっていたが、当局主導の一斉撤退によりハッシュレートが大きく下落した時から比べると、マイニングマシンは世界に拡散され、ハッシュレートの厚みを持たせることに成功し、約4倍近い数値まで上昇している。
ディーラーとしては、特に米国の比率が高まれば価格にもプラスに働くと思われるため、ウクライナなど東欧でのマイニングファーム撤退先がどこになるか、今後のマイニングの動向に注目している。

市場動向

市場は上記の通り、FRBの積極的な金融引き締め観測から、米長期金利の先高観が強まっている、一時米10年債は大台の2%台を回復するなど、金利を意識した暗号資産(仮想通貨)トレーダーも増えてきているのではないだろうか。FXや株などの知識を持って暗号資産に参入してきたお客様にとっても戦いやすい土壌が出来つつあるのは、国内でも裾野を広げるチャンスだと考える。
一方、ウクライナ情勢では、資源国のロシア、農業国のウクライナとの紛争であることから、原油・鉱物・小麦と幅広く相場を押し上げる状況となっている。ロシアが産油国であることから、原油先物価格は100ドルが射程圏内となっており、ハイテク機器に必要な鉱物の依存度が高いことから、各鉱物の商品価格上昇、一段のインフレ進行、長期金利上昇、株を売って商品を買うといった環境が意識されているようだ。
もちろん、ハイテク機器にも徐々に影響が出始めているということは、株価急落時にBTCとの相関が高まることが判っている、ナスダックへの影響も出てくるだろう。
一方で、恐怖指数が高まるようなリスクオフムードなので、安全資産である金価格上昇は予想された通りだが、インフレヘッジ対象としてBTCが一部では選ばれていることを頭の片隅に入れておきたい。

レポートで皆様に発信してしまった「オリンピック期間中に悪化は無いだろう」とした自分が恥ずかしい限りだが、ロシア側は対話の意思があるような発言も出てきている。
最悪な状況となっていることから緊張の度合いを測るためにも、長期金利と金の動向を見ながら、ポジション量をコントロールする上手いトレーダーを是非目指していこう。ポートフォリオ見直しはお早めに。
ただし、他の市場を見ても必要以上に警戒されていることから、もし対話での解決となると、巻き戻しのエネルギーは膨大なものになりそうなのでヘッドライン勝負の1週間になるだろう。

■直近の注目イベント

2/16 FOMC議事要旨
2月上旬 バイデン政権による暗号資産にかかる大統領令発表
3月中 グレースケールBTC信託をビットコインETFに転換申請の結果発表

筆者:前田慶次
参照:Bitcoin日本語情報サイト
   Amber Market Insight

筆者プロフィール

株式会社ディーカレット 暗号資産事業グループ
トレーディングチームヘッド、マーケティングディレクター

SBIの為替ディーラー出身でプライシング分析から顧客取引などのビックデータ分析屋さんも兼ねていたので、取引はAIで取引シグナルを出しているものの裁量が好きなトレーダー。暗号資産交換業に転職してからは、AMLに加えブロックチェーン特有の分析まで顧客売買と市場動向両方に精通し、デジタルマーケティング分野も担当。日進月歩な業界なので日々全集中!! 好きな取引格言はミスターFXこと坂本軍治先生に言われた「Don’t Believe Your Position!!! 自分のポジションに恋するとロスカットが遅くなるから自分の相場観は信じるな!」です。

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキを受け取りました!ありがとうございます!
【公式】ディーカレット ブログ
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/