ETH最高値更新!XRPは今年もSwell相場!? BTCは4年ぶりの大型アップデート(Taproot)に向けた動きに注目!?
見出し画像

ETH最高値更新!XRPは今年もSwell相場!? BTCは4年ぶりの大型アップデート(Taproot)に向けた動きに注目!?

画像1

画像2

画像3

前週からの動向

ビットコイン(BTC)は若干の調整後に徐々に値を戻している。昨日の高値733万円を超えてくれば、最高値が再び射程圏となりそうなので、テクニカル的に緩やかなアップトレンドが続くか注目したい。

次期NY市長に暗号資産推進派が選出されるなど、何かとBTCのニュースが増えてきている。欧米の暗号資産関連ニュースは活気づいており、パウエル議長のコメントで急落したにもかかわらず、旺盛な買い戻しで下髭が観測されたことなどからも、下がったところでは少しでも買いたい投資家が多い環境は変わっていないことがわかる。

来週予定されているビットコインの4年ぶりの大型アップデート(Taproot)に向けての動きに注目したい。過去の値動きでは、発表までは価格が上昇しやすく、発表後利益確定が走る相場となった。
現在のところ、BTC価格は過去に似た動きとなっている。アップデートは昨日今日発表されたものではないので「上昇余地が数百万ある」とのポジショントークが一部散見されるが、強気の意見に対しては筆者を含め多くの投資家も懐疑的ではないだろうか。
しかし、アップデート自体は風向きとして非常にポジティブなイベントであり、新しいアプリケーションの開発や開発者の増加も期待できることから、市場としては歓迎ムードだ。

一方、アルトコインの動きとしては、イーサリアム(ETH)は先週号で取り上げたように再び最高値更新。一部アルトコインにも資金流入が見られた。
XRPは先週までのレンジの上限を超え、恒例の「Ripple Swell」に向けて力強く上昇中。この動きが毎年恒例なチャートパターンになるか注目したい。
その他のコインは、QTUMが主要なメンバーのコメントを受け上昇したことが特筆すべき一週間であった。

そのほか警戒された、ステーブルコイン分野の米当局による規制の内容については、「連邦政府の監督を行う法制化が緊急に必要」とする報告書が発表され、銀行同様の厳しい規制が入り込んでくる可能性があるため、引き続き警戒が必要だと思われるが、内容がまだ不透明であるため価格への影響は見られていない。
このような時は多少のリーク記事が出てくることが多いため、クジラの動向に注目するのが吉か。指値逆指値をいれるなど、保有するポジション量の調整など含めて警戒が必要な時期ではないだろうか。

市場動向

一方他金融市場を見ると、過去ウィークリーレポートで取り上げた通り、エネルギー価格の高騰などでサプライチェーン問題の深刻化が緩和されるなか、OPECプラスによる増産期待から昨日はNY原油が急落している。久しぶりに恐怖指数も急落して、気分が穏やかになった投資家も多いだろう。
ただ、将来的には航空産業の回復などが期待されていることから、増産期待よりも現実的な需給増加を見込む向きがあり、コロナ不安の後退やワクチン接種者の移動規制緩和での国外移動が増えてくることを考えると、エネルギー価格は高いままで推移するのではないかと読む市場関係者が多いようだ。

注目された、FOMCではQEの縮小決定がされたが、声明にはまだ迷いが感じられ、タカ派的とは呼べない内容だったことから、市場はパニックを起こすことなく、米株はNYダウ・ナスダック指数・S&P500の主要3指数が史上最高値を更新する展開となっている。しかし、エネルギー価格などインフレについて市場が警戒が解かれたわけでないことには注意したい。

筆者:前田慶次
参照:Bitcoin日本語情報サイト

画像4

筆者プロフィール

画像5

株式会社ディーカレット 暗号資産事業グループ
トレーディングチームヘッド、マーケティングディレクター
SBIの為替ディーラー出身でプライシング分析から顧客取引などのビックデータ分析屋さんも兼ねていたので、取引はAIで取引シグナルを出しているものの裁量が好きなトレーダー。暗号資産交換業に転職してからは、AMLに加えブロックチェーン特有の分析まで顧客売買と市場動向両方に精通し、デジタルマーケティング分野も担当。日進月歩な業界なので日々全集中!! 好きな取引格言はミスターFXこと坂本軍治先生に言われた「Don’t Believe Your Position!!! 自分のポジションに恋するとロスカットが遅くなるから自分の相場観は信じるな!」です。
■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキありがとうございます!アフロ編集長の励みになります!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/