BTCはヨコヨコ、ETHは続伸!!NFTなどの市場拡大が追い風か。今後の動向は米雇用統計次第!?
見出し画像

BTCはヨコヨコ、ETHは続伸!!NFTなどの市場拡大が追い風か。今後の動向は米雇用統計次第!?

画像1

画像2

画像3

前週からの動向

前週からビットコイン(BTC)はヨコヨコなままレンジ相場で推移を続けている。
約3か月ぶり高値圏で心理的節目とされる5万ドルを頭に、200日移動平均線の間と小さめなレンジを推移しており、いつここを上にブレイクしてくるのかを今か今かと待っている投資家が増えてきているが、ビットコインがイーサリアム(ETH)などと比べて続伸していないことから、上がってきたところではロングの利食いが進んでいると思われる。
それでも200日移動平均付近の500万円台ではテクニカル的に買いが入りやすく一旦は反発されると思われ、BTC価格を下支えているもうひとつの要因として、ビットコインのハッシュレートも引き続き回復傾向にある。マイニングをする際の計算能力を表すハッシュレートの上昇は、ビットコインマイニングの参加者の増加を意味し、将来的に相場が堅調に推移すると考えるマイナーが増えてきているので、引き続きハッシュレートに注目したい。

一方、ETHは直近高値を更新し、最高値へのトライに期待がかかる。背景には、NFT(非代替性トークン)やDeFi(分散型金融)の国内外からの新規参入による市場拡大が続いていることや、ロンドンハードフォーク後にあった大規模バーンなどがあり、価格が上昇してきている。当社でも売買できるETH/BTCのチャートを見ると非常にわかりやすいと思われる。実際、ドミナンス(シェア率)も徐々に20%に近づいてきて、BTCに追いつきつつあるため、引き続きETH2.0を含めて注目したい。
ディーラーとしてはETHの流動性が上がってきているのを感じており、お客様にもトレードしやすいように働きかけたいところ。

今後の相場動向を占う上で、週末に予定されている米雇用統計には注目したい。テーパリングの動向は今後の世界経済に影響が出て、ビットコインを含めアルトコインが続伸していけるか、暗号資産全体にブレーキがかかり始めるか、大きく変わるため、ポジション管理にはご注意いただきたいところ。

筆者:前田慶次
参照:Bitcoin日本語情報サイト

画像4

■本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定の暗号資産(仮想通貨)の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。
■本資料に掲載されている市況⾒通し等は、本資料作成時点での担当者の⾒解であり、将来予告なしに変更される場合があります。また、将来の見通しを保証するものでもありません。
■本資料は、担当者が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を当社が保証するものではありません。
■当社では、本資料に記載された銘柄に対し取引を行う又は今後取引を行う可能性があります。したがって、本資料を閲覧されるお客様は、本資料の客観性に影響を与える利益相反関係が当社に発生する可能性があることを予めご了承ください。 本資料はあくまでも投資判断の参考のための一つの要素としてご参照ください。
■暗号資産取引を行う場合には、契約締結前交付書面等の各種交付書面や当社ホームページ等をご確認の上、取引内容をよくご理解いただき、ご自身の判断で取引を行ってください。
■この資料に掲載された全ての内容(情報、商標、デザイン等)の著作権等知的財産権は、株式会社ディーカレットまたは権利者に帰属するものです。したがって、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。
■当資料に暗号資産(仮想通貨)のグラフ・数値等が記載される場合、それらはあくまでも過去の実績またはシミュレーションであり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
株式会社ディーカレット
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00016号
所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)/ ディーカレットアカウントをお持ちで無い方は、メールアドレスのみで出来る簡単ゲスト登録を是非よろしくお願いします!

スキを受け取りました!ありがとうございます!
暗号資産(仮想通貨)取引ならディーカレット! 「ビットコインとは?」からキャンペーン情報まで、皆様に役立つ情報を発信していきます! https://twitter.com/DeCurret/