マガジンのカバー画像

マーケットレポート

68
ディーカレットのトレーダーによるレポートをまとめています!
運営しているクリエイター

#DeCurret

ビットコイン上抜けならず!米雇用統計を受け再び金融引締観測高まるか。ドル円は一時…

前週からの動向 ビットコインは先週明けからレンジを切り上げるような上昇を遂げたが、32,000…

暗号資産市場回復。5月のレンジ相場は脱出か?

前週からの動向 暗号資産相場は週末から上昇をはじめ、5月の停滞を脱するかのような動きとな…

暗号資産相場は軟調。米利上げ観測が重たく乗りかかる展開。今晩の米CPI発表前後の値…

前週からの動向 今週のビットコインは一時40,000ドルを割り込むまでの続落となった。 直近の…

BTCは次なる材料待ち?NFT商戦にまさかの英国参戦!?

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は安値を切り上げており、560万を挟んだレンジで推移して…

やっときた!BTC年初来高値!ここからはアルトコインのターン??

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は大きく上昇し、一時48,000ドルを回復。円安も追い風で6…

ビットコイン底堅い!再び上昇局面となるか?

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は大きく上昇し43,000ドルを一時超えた。FOMCに過剰な警…

FOMC警戒!?流動性が回復!?

前週からの動向ビットコイン(BTC)はウクライナ情勢の不透明感と材料不足からボラティリティも低下傾向の中、460万円台を挟むレンジで推移しており、FOMCを控えていることからも次なる材料待ちの状況が続いている。 上値の目標では3/9の高値である490万円台を超えることができれば、一見2/11の高値を超えて快適なフライトと成りえそうだが、緩和が終了している環境であるため、上値の重さに苦しむと予想される。 下値の目標としては、2/28の安値である430万円台を割り込むと、1/2

スキ
20

バイデン政権による大統領令に注意!?規制強化の流れと今後の動向は?

前週からの動向 ウクライナ情勢の緊迫により、ロシアをSWIFT(国際銀行間通信協会)から除外…

ウクライナ情勢で相場急変動。投げ売りも見られたが、資産回避先としての買いも発生。

前週からの動向 ウクライナ情勢が緊迫していることが嫌気され、安値圏でのレンジ相場となって…

有事のビットコイン買いならず!

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は続落し、直近の上昇分を吐き出すような形状で、現在は4…

ビットコインの雪解け?!ウクライナ情勢による影響は?

毎週水曜日にお届けしていましたマーケットレポートですが、今週からは火曜日に配信いたします…

警告!米消費者物価指数を警戒せよ!500万円台を回復したビットコインの今後は?

前週からの動向 BTC(ビットコイン)は続伸し、500万円を挟んでの推移をしている。 ホワイト…

ビットコイン(BTC)1月の下落から回復基調が続くのか?!

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は、1月24日に安値を付けた後、徐々に反発しており、20日…

ここが底?ビットコインの今後を占うFOMCを警戒!

前週からの動向 ビットコインは、年末の特別号や先週号で警戒を促した通りの下落となり、43,000ドル台から一時33,000ドル台を割り込むまでの急落を見せた。現在は37,000ドル台までショートカバーのような動きで反発している。昨年の史上最高値から比べると、半値を割り込むこととなった。 ここ最近のBTCは、ナスダック総合指数との相関係数が0.8台と高く、ハイテク株の下落からの連れ安に加え、世界的な新しい規制強化、世界3位のハッシュレートであるロシアでの中銀からのマイニング

スキ
20