マガジンのカバー画像

マーケットレポート

57
ディーカレットのトレーダーによるレポートをまとめています!
運営しているクリエイター

記事一覧

ビットコインは先週に引き続き、30,000ドル挟んでの小動き。ドルインデックスは若干落…

前週からの動向 ビットコインは先週に引き続き、直近安値圏である30,000ドルを挟んだレンジ相…

ビットコインは30,000ドル挟んでの小動き。高水準の米CPIが、金融引き締め観測を加速…

前週からの動向 ビットコインは先週の急落局面から反発したものの、安値圏でのレンジ相場が続…

FOMCにて0.5%の利上げ。材料出尽くしからか一時反発も、金融引き締め観測で再びの下…

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は日本時間5日夜から下落をはじめ、本日には年初来安値を…

金融引き締め観測はさらに加速。暗号資産市場には向かい風だが、底は固めてきたか?

前週からの動き ビットコインは先週半ばまで反発となり、若干の回復の兆しが見えたかと思われ…

ビットコインは直近安値で揉み合いも、止まらぬドルインデックスの上昇に対し、下落は…

前週からの動き ビットコインはおおむね直近の安値圏である40,000ドルを挟んだレンジでの動き…

暗号資産相場は軟調。米利上げ観測が重たく乗りかかる展開。今晩の米CPI発表前後の値…

前週からの動向 今週のビットコインは一時40,000ドルを割り込むまでの続落となった。 直近の…

BTCは次なる材料待ち?NFT商戦にまさかの英国参戦!?

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は安値を切り上げており、560万を挟んだレンジで推移している。 ウクライナ情勢が和平に向かうべく各国の交渉期待や、インフレヘッジのニーズで上昇してきたが、ここで一服の状況。 下がったところでは強い買い需要も観測されており底堅く動きそうだが、戦争は終わってはいない。民間人に対する凄惨なニュースにより、未だに天然ガスをロシアから輸入しているドイツに対する、完全禁輸の圧力や更なる経済制裁を求める声が高まりつつあるなど、リスクを十分に取れる環

スキ
23

やっときた!BTC年初来高値!ここからはアルトコインのターン??

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は大きく上昇し、一時48,000ドルを回復。円安も追い風で6…

ビットコイン底堅い!再び上昇局面となるか?

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は大きく上昇し43,000ドルを一時超えた。FOMCに過剰な警…

FOMC警戒!?流動性が回復!?

前週からの動向ビットコイン(BTC)はウクライナ情勢の不透明感と材料不足からボラティリティ…

バイデン政権による大統領令に注意!?規制強化の流れと今後の動向は?

前週からの動向 ウクライナ情勢の緊迫により、ロシアをSWIFT(国際銀行間通信協会)から除外…

ウクライナ情勢で相場急変動。投げ売りも見られたが、資産回避先としての買いも発生。

前週からの動向 ウクライナ情勢が緊迫していることが嫌気され、安値圏でのレンジ相場となって…

有事のビットコイン買いならず!

前週からの動向 ビットコイン(BTC)は続落し、直近の上昇分を吐き出すような形状で、現在は4…

ビットコインの雪解け?!ウクライナ情勢による影響は?

毎週水曜日にお届けしていましたマーケットレポートですが、今週からは火曜日に配信いたします。 前週からの動向 BTC(ビットコイン)は高値から反落し、480万円台を挟んで推移となり、 先週号で警戒を促した通りの下落となっている。 先週発表された米消費者物価指数が市場予想を上回り約40年ぶりの数値となったことや、雇用統計での強い結果を踏まえて、次回のFOMCでは50bp利上げを急速に織り込み始めたこと、ウクライナ情勢が改善の余地が見い出せず、欧米各国では民間人の国外退去令が出

スキ
20